ブンデスリーガについて

ドイツ

4大リーグのうちの1つに数えられるブンデスリーガ。数多くの日本人が所属しており、活躍しています。欧州で活躍する日本人選手を見たい!ということであれば、最もお勧めのリーグとなります。ブンデスリーガについて、その特色や魅力を記載します。

ブンデスリーガとは

ブンデスリーガは、ドイツのリーグになります。バイエルン1強のリーグであり、退屈なリーグとも言われます。バイエルン以外のクラブがブンデスリーガを制することも稀にありますが、バイエルンが連続してリーグタイトルを逃すことはほとんどありません。

ブンデスリーガの特徴の1つは、クラブの健全経営がなされていることです。これは、ブンデスリーガがクラブの健全経営を求めており、経営状態が悪い場合にはクラブライセンスが発行されないようにしているからです(クラブライセンス制度)。これにより、ブンデスリーガのクラブは他のリーグのクラブに比べて、経済的に安定した状態にあります。

主な所属クラブ

バイエルン

ミュンヘンを拠点にしています。世界的な人気を誇るクラブの1つです。欧州屈指の強豪であり、国内タイトルだけでなく、数多くの国際タイトルも手に入れてきました。長い間、ブンデスリーガの頂点に君臨しています。自国選手が多く、ドイツ代表選手を多く抱えているのも特徴の1つだと思います。

ブンデスリーガの他クラブから選手を獲得することが多く、この補強方針が批判されることもしばしばあります。他クラブの弱体化と、自クラブの強化を行える合理的な補強ではあるのですが…

ドルトムント

ドルトムントを拠点にしています。2010-11、2011-12シーズンにブンデスリーガ連覇を果たすなど、バイエルンとも互角に渡り合える強豪でした。香川選手は、当時の主力選手で、優勝に大きく貢献しました。しかし、選手の移籍などもあり、その後はバイエルンに水をあけられることに。

ライプツィヒ

ライプツィヒを拠点にしています。2009年までは5部に所属するクラブでしたが、レッドブルの買収により一気に力を付けることに。とんとん拍子に昇格を重ね、ブンデスリーガ1部では昇格初年度から2位に入るなど、飛躍を遂げています。レッドブルの資金力が注入されているものの、ビッグネームを補強するということはなく、金満クラブという印象はありません。若い選手ばかりなので、応援しがいがあります(ドイツでの評判はいまいちなようですが)。

ブンデスリーガの特徴

正直にいえば、ブンデスリーガの特徴はあまり思い浮かびません。大柄な選手が多く、空中戦が激しいという評判もありますが…最初に書いたとおり、日本人選手は多いです(1部、2部含め)。ブンデスリーガ以外の欧州リーグで活躍している選手でも

ブンデスリーガの魅力

ブンデスリーガの魅力は、チャンピオンズリーグ出場権争いでしょうか。優勝はほぼバイエルンで決まっていますが、チャンピオンズリーグ出場権を得るチームの顔ぶれは結構変化します。

また、最初にも書きましたが、日本人選手が数多く所属するリーグなので、日本人選手を見たい人には魅力的なリーグだと思います。

Sponsored Link

最近の投稿

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © OH!フット! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.