リーグアンについて

フランス

5大リーグのうちの1つに数えられるリーグアン。4大リーグからは外れているように、4大リーグに比べると見劣りするリーグかもしれませんが、欧州屈指の強豪であるパリ・サンジェルマン、名門クラブであるマルセイユなど、魅力的なクラブが所属しています。リーグアンの特徴や魅力を記載します。

リーグアンとは

リーグアンは、フランスのリーグになります。過去、チャンピオンズリーグを制したクラブはマルセイユしかなく、実績面でいえば4大リーグには劣ります。しかし、パリ・サンジェルマンはチャンピオンズリーグでも好成績を収めており、いつチャンピオンズリーグを制してもおかしくありません。しかし、このパリ・サンジェルマンが強すぎるため、リーグアンはパリ・サンジェルマンの1強状態となっています。

主な所属クラブ

パリ・サンジェルマン

パリを拠点にしています。カタールからの資金が投入されており、サッカー界で最も裕福なクラブの1つです。移籍市場では高額で選手を獲得しており、移籍市場の中心となっています。チャンピオンズリーグの優勝候補に挙げられながらも、ベスト8、ベスト16止まりになることが多いです。しかし、優勝してもおかしくないほど戦力は充実しています。国内リーグでは圧倒的な強さを誇っているため、チャンピオンズリーグに注力できるのも大きなメリットです。

マルセイユ

リーグアンの名門クラブであり、リーグアンで唯一、過去にチャンピオンズリーグを制したことのあるクラブです。近年は、チャンピオンズリーグに出場できないことも多いです。

モナコ

モナコは、一時期多額の資金を投入し、積極的に補強を行っていました。しかし、今では商売上手というイメージです。有望な若手選手を獲得・育成して高額で移籍させています。しかも、リーグでも結果を残しており、2016-17シーズンはリーグ優勝を果たしました。モナコとパリ・サンジェルマンがリーグアンの2強といえるかもしれません。

リーグアンの特徴

リーグアンの特徴は、個人技が主体となっていることです。これは、登竜門的なリーグであり、自身をアピールする必要があるためかもしれません。また、リーグアンではアフリカ国籍の選手が外国人枠とはみなされないため、身体能力の優れた選手が多いことも一因かもしれません。

リーグアンの魅力

リーグアンは、登竜門的なリーグということもあり、期待の若手選手が多くいます。これらの選手の活躍を見れるのがリーグアンの魅力のひとつだと思います。タイトル争いは、ほぼパリ・サンジェルマンが制することになるので、競争の激しいリーグを見たい方には微妙なリーグかもしれません。

Sponsored Link

最近の投稿

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © OH!フット! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.