デビッド・ベッカム

  • HOME »
  • デビッド・ベッカム

選手概要

現役時代はマンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリードで活躍。クラブチームで獲得できるタイトルはほぼ手中に収めている。高いキック精度が持ち味。サッカー選手として一流なだけでなく、ルックスも優れている。日韓ワールドカップの開催時には、日本でも大きな話題となり、ベッカムヘアーなどが流行したことも記憶に新しい。現役を引退した後も俳優に挑戦したり、話題には事欠かない。



選手略歴

ベッカムは、トッテナムの下部組織などを経てマンチェスター・ユナイテッドの下部組織に入団。1992-93シーズンにトップチームデビューを果たす。マンチェスー・ユナイテッドに所属している間に、プレミアリーグやチャンピオンズリーグなどの主要タイトルを獲得。プレミアリーグ、FAカップ、チャンピオンズリーグを同シーズンに制覇するトレブルを達成するなどマンチェスター・ユナイテッドの黄金期を支える。

マンチェスター・ユナイテッドでのキャリアは順風満帆かに思えたが、ファーガソン監督との関係が次第に悪化。ファーガソンの蹴ったスパイクがベッカムの顔にヒットしたエピソードはよく知られている。このことも一因となり(多分)、2003年にベッカムはレアル・マドリードに移籍。レアル・マドリードでは、リーガ・エスパニョーラ、スーペルコパのタイトルを獲得。

2007年にはロサンゼルス・ギャラクシーに移籍。今でこそ、キャリアの晩年を北米で過ごすスタイルはメジャーになったが、ベッカムはその先駆け的な存在だった(と思う)。その後、ACミランへのレンタル移籍などを経て、2013年にパリ・サンジェルマンに移籍。シーズン終了後の2013年に現役を引退。

イングランド代表には1996年から召集。100キャップを達成するなどイングランド代表としても長く活躍した。日韓ワールドカップの際には日本でベッカムブームを巻き起こした。所属国がイングランドということもあり、代表でのタイトルを獲得するには至らなかった。

選手基本情報

国籍 イングランド
ポジション MF
所属クラブ マンチェスター・ユナイテッド(1992-2003)
レアル・マドリード(2003-2007)
ロサンゼルス・ギャラクシー(2007-2012)
パリ・サンジェルマン(2013)
主な獲得タイトル [クラブ]
プレミアリーグ-6回(1995-96シーズン、 1996-97シーズン、 1998-99シーズン、 1999-2000シーズン、 2000-01シーズン、 2002-03シーズン)
リーガ・エスパニョーラ(2006-07シーズン)
UEFAチャンピオンズリーグ-1回(1998-99シーズン)
FAカップ-2回(1995-96シーズン、1998-99シーズン)
スーペルコパ(2003年)
コミュニティシールド(1993年、 1994年、 1996年、 1997年)

 

Sponsored Link

最近の投稿

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © OH!フット! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.