ストーブリーグを楽しむ

ストーブリーグ

欧州サッカーの楽しみ方の1つにストーブリーグがあります。欧州サッカーでいうストーブリーグとは、移籍市場のことです。欧州では、日本に比べて移籍市場での動きが活発です(多分)。このため、オフシーズンであっても欧州サッカーを楽しむことができ、1年を通して欧州サッカーを楽しむことができます。

移籍市場について

移籍市場とは、文字通りサッカー選手が移籍できる期間です。リーグによって差はありますが、基本的には夏の移籍市場(7月、8月)と冬の移籍市場(1月)があります。夏の移籍市場は、シーズンが終わった後に開かれます。冬の移籍市場は、シーズンの途中に開かれます。基本的には、シーズン開幕前となる夏の移籍市場のほうが活発に移籍が行われます。冬の移籍市場では、シーズン途中ということもあり、故障した選手の穴埋めなど、現状のチームのてこ入れを目的とした補強が行われます。

選手の移籍には、契約期間の切れた選手でない限り移籍金を支払う必要があります(契約解除などの例外はあります)。近年の移籍市場では、移籍金が高騰しており、移籍金の史上最高額も驚くべきペースで更新されています。

移籍市場の楽しみ方

移籍市場の楽しみ方の1つは、自分のひいきのチームに優秀な選手や、期待の若手が移籍してくるかどうかを楽しむことです。移籍市場が開く前には、移籍しそうな選手の情報が飛び交います。このような情報から、自分のひいきのチームにはどんな選手がくるか想像したり、実際に選手が移籍してきたことを喜んだり…これが移籍市場の楽しみ方の1つです。

ただし、優秀な選手、期待の若手を獲得できるのは、資金力のある強豪チームが多いです。このため、ひいきのチームが強豪ではない場合、有望な若手選手のステップアップを楽しむことが移籍市場の楽しみ方になります。同様に、日本人選手がステップアップするかどうかを見守るのも、移籍市場の楽しみ方の1つといえます。

色々な楽しみ方はありますが、細かいことを考えずに、遺跡市場の流れを見ているだけで結構面白いです!生え抜きの選手がライバルチームに移籍したり、高額の移籍が成立したり、自分のひいきにしてるチームの情報以外であっても、結構楽しめるものです。

まとめ

欧州サッカーは1年中やっているわけではありません。ストーブリーグは、欧州サッカーのオフシーズンに欧州サッカーファンを楽しませてくれる非常にありがたい存在です。欧州サッカーのオフシーズンには、ストーブリーグを楽しみましょう!

Sponsored Link

最近の投稿

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © OH!フット! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.