ティエリ・アンリ

  • HOME »
  • ティエリ・アンリ

選手概要

アーセナルの黄金時代を支えた一人。高いシュート精度を誇り、アーセナルでは4度のプレミア得点王を獲得。アーセナルがプレミアリーグで無敗優勝を達成したときの主力選手。バルセロナに移籍した後にはチャンピオンズリーグ、フランス代表ではワールドカップとユーロを制しており、サッカー界のビッグタイトルの全てを獲得した数少ない選手の一人。



選手略歴

モナコの下部組織に所属していたアンリは、1994年にモナコでトップチームデビュー。当時のモナコの監督は、後にアーセナルでも師弟関係となるアーセン・ベンゲル氏。

その後、ユヴェントスへの移籍を経て1999年にアーセナルに移籍。当時のアーセナルの監督は、モナコでの恩師であるベンゲル監督。ベンゲル監督は、アンリを高く評価していたことがわかる。アーセナルはアンリの活躍もあり、2000年代の前半に黄金時代を築くことになる。プレミアリーグ、FAカップなどの国内タイトルを獲得。しかし、チャンピオンズリーグのタイトルは獲得することができず。
アンリ自身も、得点王、PFA年間最優秀選手賞など数多くの個人タイトルを獲得することになる。アーセナルに在籍した全シーズンでリーグ2桁得点を達成するなど得点力は非常に高かった。

2007年には、アーセナルからバルセロナに移籍。アンリ自身は、アーセナル時代ほどのインパクトを残すことができなかったが、アーセナルでは獲得できなかったチャンピオンズリーグのタイトルを獲得。

2010年には、MLSのニューヨーク・レッドブルズに移籍。2014年に退団するまで5シーズンを過ごした。2012年には、一時、レンタル移籍でアーセナルに復帰。このときのアーセナルは、得点をファン・ペルシに頼りきりの状態であり、アンリの得点力を期待した獲得と考えられる。実際に、アンリはレンタル中に2ゴールを決めている。

2014年のシーズン終了後には現役引退を発表した。

フランス代表には、1997年から召集される。1998年にはワールドカップ、2000年にはユーロを制覇。若くしてナショナルチームのビッグタイトルを獲得した。2002年の日韓ワールドカップにも出場したが、フランス代表はグループリーグで敗退。その後も、ワールドカップ、ユーロを再び制することはなく、2010年のワールドカップ後に代表を引退。

選手基本情報

国籍 フランス
ポジション FW
所属クラブ モナコ(1994-1999)
ユベントス(1999-1999)
アーセナル(1999-2007)
バルセロナ(2007-2010)
ニューヨーク・レッドブルズ(2010-2014)
主な獲得タイトル [クラブ]
リーグアン1回(1996-97)
プレミアリーグ2回(2001-02、2003-04)
リーガ・エスパニョーラ2回(2008-09、2009-10)
FAカップ3回(2001-02、2002-03、2004-05)
コミュニティ・シールド2回(2002、2004)
コパ・デル・レイ1回(2008-09)
スーペルコパ2回(2009、2010)
UEFAチャンピオンズリーグ1回(2008-09)
UEFAスーパーカップ1回(2009)[代表]
EURO-1回(2000)
FIFAワールドカップ1回(1998)
コンフェデレーションズカップ(2003)

 

Sponsored Link

最近の投稿

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © OH!フット! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.