ジョン・テリー

  • HOME »
  • ジョン・テリー

選手概要

チェルシーとイングランド代表で活躍したCB。チェルシーでもイングランド代表でも主将を務めた。気迫に満ちたプレーは、まさに闘将。現役時代をほぼチェルシーで過ごしたチェルシーのレジェンド。クラブチームで獲得できるタイトルはほぼ手中に収めている。選手としての実力は一流である一方で、人種差別発言や不倫などが話題になることも…



選手略歴

ジョン・テリーはチェルシーの下部組織出身で、1998年にトップチームデビュー。チェルシーを退団する2017年までにプレミアリーグ、チャンピオンズリーグ、FAカップなど主要なクラブタイトルを全て獲得。特に、2012-13シーズンのチャンピオンズリーグでは、準決勝でバルセロナ、決勝で地元開催のバイエルンを破って優勝を収める。チェルシー不利と考えられているなかで下馬評を覆す見事な優勝となった(テリー自身は決勝には出場できなかったが…)。

2017年になるとチェルシーを退団。20年近く過ごしたクラブに別れを告げることに。移籍先は、イングランド2部のアストン・ビラ。そして、アストン・ビラで1シーズンを過ごして、現役を終えることに。アストン・ビラから他のクラブへの移籍については、様々な噂がありましたが、国外のクラブでのプレーをすることなく、現役を退きました。

イングランド代表には2003年から召集。2010年には、主将を務めていたが不倫問題を原因として主将を解任。その後、主将に復帰するが、2012年には人種差別問題を原因として主将を解任されることに。結局、人種差別については、裁判では無罪となったが、テリー個人だけではなく、イングランド代表にとっても大きな痛手となった。

選手基本情報

国籍 イングランド
ポジション DF
所属クラブ チェルシー(1998-2017)
アストン・ビラ(2017-2018)
主な獲得タイトル [クラブ]
プレミアリーグ-5回(2004-05シーズン、 2005-06シーズン、 2009-10シーズン、 2014-15シーズン、 2016-17シーズン)
UEFAチャンピオンズリーグ-1回(2012-13シーズン)
FAカップ-5回(1999-00,シーズン、2006-07シーズン、2008-09シーズン、2009-10シーズン、2011-12シーズン)
コミュニティシールド(2005年、2009年)

 

Sponsored Link

最近の投稿

カテゴリー

PAGETOP
Copyright © OH!フット! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.